機械式時計における超絶コンプリケーションをシックに表現

ミニッツ・リピーター、トゥールビヨン、そしてスプリットセコンド・クロノグラフは、“時計界の三大複雑機構”といわれている。パテック フィリップはいずれも古くからインハウスで製造しており、スイスでも屈指の技術力を継承してきた。

新作Ref.5370は、同シリーズとして初めてブルーの本七宝文字盤をセットしたプラチナケースモデルとなった。これに同色のアリゲーターストラップを合わせ、スマートなデザインに仕上げている。

カテゴリー: NEWS パーマリンク