Googleが提供するウェアラブル端末向けOS「Android Wear」をソニー製品で

ソニーモバイルコミュニケーションズは3日(独時間)、ドイツのベルリンにて開催される「IFA 2014」のプレスカンファレンスにおいて、腕時計型ウェアラブルデバイス「SmartWatch 3」と「SmartBand Talk」を発表した。2014年の秋以降に日本を含むグローバル市場に投入する。
SmartWatch 3は、Googleが提供するウェアラブル端末向けOS「Android Wear」をソニー製品で初めて搭載した腕時計型の端末。加速度センサー、コンパス、ジャイロスコープ、GPSなどを内蔵しており、ユーザーのライフログを記録する。Android搭載スマートフォンやタブレットとはBluetoothかNFCで連携し、ソニーが提供する無料の専用アプリ「Lifelog」にて記録されたデータを閲覧可能だ。また、4GBのメモリを内蔵しているため、事前にスマートフォンなどのプレイリストを同期しておけばSmartWatch 3で音楽を楽しめる。Android Wearを搭載しているため、「OK Google」と端末に呼びかけると、メールへの返信、Webページの検索、メモなどの操作が音声で行える。

カテゴリー: NEWS パーマリンク