腕時計のバンドが長すぎました

ティソのスチールバンドであれば、まず時計を外す器と小さなハンマーが必要です。そして、時計を外す器の取っ手をねじって、針がへりに戻るまでねじってください。着付けの調節用の波小琴の腕時計は、最初のメーターの溝に入れて、バンパネライコピードの連結部のピンにピンを合わせます。時計を外した取っ手をゆっくりと取り始めます。この時は針を受けて前に進みます。バンドの接続先のピンがピンに押し出されるまで大丈夫です。腕の太さに応じて節分を外し、矢印の反対方向の受け針を元に戻し、その年の小さなハンマーで打つと必ず受け針を完全に押します。ベルトの節穴は死地にあります。
注意バンドはネジではなく、ピンで接続されています。次に、スチールバンドの連結部のピンは両端があります。一方は平面です。もう一方の写真は円弧があります。もう一つのピンは平の端から突き上げて行くべきです。端の円弧や1点のカードの位置があるので我慢できないです。硬くすれば壊れます。また、針の穴の大きさから判断することもできます。普通は小さな口から大きな口に行けばいいです。

カテゴリー: NEWS パーマリンク