天梭の時計のベルトはどのように保養します

1、天梭のベルトは最も忌み嫌うのは水で、长い时间水の中に浸かることができなくて、水はベルトが硬くて脆くなることを招いて、これも汗を含んで、だからベルトの时计をつける时泳ぎに行かないでください、汤船に入って、サウナなどを蒸します。
2、長期にわたる強いパネライコピー日差しの照射は、天梭の時計帯を脱色させ、皮質の老化を加速させるため、日光の下で長期にわたって照射することはできない。
3、装着時に力を入れて引きずらないでください。バンドの固定位置にひびが入りやすく、バンドの曲がりが大きいほど割れやすいので、戴天梭のバンドも動作に注意して軽くしなければなりません。
4、天梭のベルトは2、3ヶ月ごとに洗剤で拭いて手入れし、割れたプラスチックのベルトは直ちに交換しなければならない。
5、ベルトに异道がある场合は、歯ブラシに少し太った石鹸水をつけ、污れたところをすばやく洗い流し、微湿な布で拭く。
6、もし浪小琴真皮のバンドが潮汐を受けたら、湿った喘息や湿ったバンドを正式な常室体温内で乾かし、清涼な場所に回転できればもっと良い。

カテゴリー: NEWS パーマリンク