アクティブマトリクスEPD方式で繊細なアラビア数字をデジタルで表示

セイコーが誇る先端技術と使うひとの心地よさを追求したデザインで、自分らしいスタイルを大切にする大人の男性のためのブランド「セイコー ブライツ」から誕生した「セイコー腕時計100周年記念限定モデル」。

特徴は、なんといっても電子ペーパーの代表的な表示方法でもある、はっきりとした文字表示が可能な最先端技術アクティブマトリクスEPDを腕時計に採用したこと。この最新技術が、セイコーの原点ともいえる国産初の腕時計「ローレル」の文字盤に採用されていたアラビア数字をデジタルでの再現を可能にした。

アラビア数字のほかにもシンプルかつスタイリッシュなローマ数字を大胆にあしらった表示や、ビジネスシーンにも最適な標準デザイン文字にも選択可能。さらに、文字盤のカラーをホワイトもしくはブラックに変更することもできるという。

また、ソーラー充電機能を搭載しているため電池交換の必要がない。世界32都市の時刻が瞬時にわかり、日本やアメリカ、ドイツなどの世界5局の標準電波を受信することで、常に正確な時間を刻むこともできる。デザインも、四辺をカットした立体感のあるサファイアガラスと表示部の上下に配した40個のダイヤモンドが100周年にふさわしい風格を添えている。

セイコーが腕時計をつくりはじめてから100年。創業者の言葉でもある「常に時代の一歩先を行く」モットーに、デジタルウォッチでも先駆的な役割を果たしたセイコー。そのパイオニアとして切り開いてきた偉業、そして、これからもイノベーションしつづけるブランドの哲学がこのデジタルウォッチには刻み込まれている。

カテゴリー: NEWS パーマリンク