ポルは、新しい鉄道長官シリーズの自宅では、腕時計のモデル

を祝うボル表(BALL Watch)創立125週年、ブランド厳かに出し、初の自宅の設計と生産のBALL RRM1101機械ムーブメント。は1891年以来、ボル表に力を入れており製造機械式時計を合い、各正確度、高品質や信頼性など各方面で最も厳しい指標。
最も劣悪な環境で、最も偉大な成果を実現することができる。ボル表と鉄道の開拓の発展史は不可分の関係。事実上、BALL Watch探検旅が始まったのは1891年よんしよ月じゅうく日、オハイオ州(Ohio)に基づくハンプトン市(Kipton)の湖岸やミシガン州南部の鉄道会社(ザLake Shore and Michigan Southern Railwayカンパニー)が起きたひとつの緻命的な列車衝突事故、結果的に8人が死亡。2つの列車がそれぞれは予定通り定刻に通る予定の交差点で、そのうちの一人が指揮官の腕時計が停止したあと4分遅刻による列車運行、令2車が衝突し、最終2名の技師と六人の郵便局員にそこまでも令人死亡、火夫工、数人の乗客、1名の郵便配達人や目撃者数名負傷。意外にも鉄道会社は、高価な料金で列車路線を倍増しているわけではなく、社員に正確な時計を提供することにした。湖岸鉄道の管理層で即刻任命亥ロシア州クリーブランド市(Cleveland、Ohio)の有名な時計匠ボル(Webb C .ボール)さん研究湖岸鉄道が全線の時間早めの計運営状況が当局に提出し、提案案。彼の調査では、当時の鉄道が採用した時間監視システムに多くの抜け穴が存在していることが発見された。当時、各地域はそれぞれ違う標準鉄道時間を採用し、70個以上の「標準」を超える「標準」が出てきたため、異なる鉄道路線は、大きな違いの計時方法があるという。彼は報告書においても、その計時の方法は非常に自由に、多くの列車は、学校の鐘、工場、汽笛、教会の鐘の音の中には、時間を推定時間。鉄道局のチーフ時間検事、Webb C .ボールさんを全ての従業員がつけて時計を監視とテストや、列車の上で使った時計打ち立てる標準。を維持するために鉄道網の精密度、彼も成立した「ボル時間サービスセンター」(BALL Time Service)、雇用したいち、800名時間検事、及び令全アメリカ75%以上サービスカバーの鉄道、及び協力定期検査をすべての鉄道従業員の時計。Webb C .ボールさんの監視検査測定システム令時間を重視するすべての乗客、および従業員の旅の安全。
提供のためにこれまで以上に優良品質の製品と技術革新、ボル表が成立した第1軒の支店-パトリック実験室(Patrick君』s Labs)。研究開発センターとして、新しい部門の知識を蓄積し、斬新な計時専門技術を開発。s Labs Patrick君」を導入革新のカウントダウン製品及び解決方案、ボル表にカウントダウン研究と革新的な分野のフロントランナー。

カテゴリー: NEWS パーマリンク