高級時計製造で一般的なムーブメント仕上げの卓越性

機械式時計製造の出現以来、才能ある時計職人は、巧妙な手で絶妙な時計をアイデアから現実に変えてきました。複雑な時間のメカニズムに加えて、メーカーの完璧さへの執lentな追求は、高級時計の特徴です。高級時計製造のコンセプトによれば、時計職人はさまざまな技術を使用してムーブメントをレタッチします。

「仕上げ」という用語は、生産から完成品までの時計部品の一連の技術的処理を対象としています。最終的に、すべての加工マークが消去され、さまざまな部品が手作業で慎重に研磨され、装飾されました。原料は時計製造の錬金術と呼ばれる芸術作品になります。

A.ランゲ&ゾーネダトグラフアップ/ダウンウォッチには、洗練されたムーブメントL951.6が装備されています。いつものように、ムーブメントは独自のディテールで明確に識別でき、その技術的特徴とレタッチには金色の袖と青いスチール製ネジが含まれます。

場合によっては、レタッチが役立つことがあります。審美的な考慮事項に加えて、コーティングは腐食を防ぎます。ジュネーブパターンは、ほこりを捕捉し、運動メカニズムを保護できます。鋼製ネジを加熱すると、濃い青になるだけでなく、質感が硬くなります。いずれにせよ、レタッチは、ムーブメントを行う際に細部に細心の注意を払うことを象徴します。これは完全な技術性を達成するための強力な保証でもあります。

カテゴリー: 日記 | 高級時計製造で一般的なムーブメント仕上げの卓越性 はコメントを受け付けていません。

最終的に150,000未満のスチールケースを持つ複雑なケースを持っています

トピックに到達するのに遅すぎることはありません。 少し前まで、ヴァシュロン・コンスタンタンはいくつかの新しい時計、すなわち歴史的傑作シリーズのトリプルカレンダー1942/1948を生産しました。 トリプルカレンダーは、一般的に「Sun Moon Star」(日付、週、月)として知られています。 一部の兄弟は、ヴァシュロン・コンスタンタンが新しい時計を製作したと言いましたが、これは非常に一般的です。 平和な時期であれば、まったく奇妙なことではないのは事実ですが、今回は違います。 Vacheron Constantinの新しい時計には、スチールシェルバージョンさえあり、制限がないためです。

私は兄弟が尋ねなければならないと思います、スチール時計はどうなりましたか? 鉄の時計は至る所にあります。 トップブランドがスチールウォッチを製造することはめったになく、スチールウォッチさえ製造していないことを知っています。 パテックフィリップ、ヴァシュロンコンスタンタン、ランゲが一般的に認めている伝統的なトップブランドのほとんどは、量産される時計のほとんどが金時計であり、個々のスチールケースの時計のみです。

カテゴリー: NEWS | 最終的に150,000未満のスチールケースを持つ複雑なケースを持っています はコメントを受け付けていません。

なぜこの「小さな王子様」が毎年の爆発になったのですか?

実際、旗の旗の下にある「リトルプリンス」パイロットシリーズウォッチは盛り上がりを見せています。

かつて限定版だった「リトルプリンス」から従来の破裂するモデルまで手に入れることはできませんが、各「リトルプリンス」シリーズの時計には男性を惹きつける利点があります。 では、なぜ誰もが「星の王子さま」を愛しているのでしょうか?

ブランドの選択は歴史から始まります

主な理由は、誰もが少し知っている必要があるためです。IWCの「男性向けに設計された」コアは、すべての男性を長くするのに十分です。 重要な点は、男性の世界では、軍事時計の正統派の起源を持つ国は、無敵の「戦闘部隊」と呼ぶことができるということです。

カテゴリー: NEWS | なぜこの「小さな王子様」が毎年の爆発になったのですか? はコメントを受け付けていません。

何千人ものマスターがいます。オーデマピゲには複雑な扉があります

ローラランランシチンは、機械式時計の鑑賞に特化した中国の著名な時計およびジュエリー評論家である「Luoyu in Uppercase」の主著者であり、ジュエリー、生活、文化、芸術などのさまざまな分野で独自の洞察を持っています。 プロのコピーライティング、コンサルティング、講義に従事するために「魅力的なスタジオ」を設立。

機械式時計における最高の時計製造のポジションの最も代表的なものは、複雑な機能プロセスでのブランドのパフォーマンスであり、ブランドが設立されたとき、すでに複雑さの王様でした。

オーデマピゲでは、あたかもオーデマピゲが最初から複雑な機能のために生まれたかのように、複雑な機能の開発は整然と進んでおらず、移行を経ています。 数人の技術者、時計工場の時計職人、トゥールビヨンの完成にかかる時間など、スイスの時計製造業界を説明するのに十分ではないと思うので、私は通常、数字を使用して時計製造を説明するのは好きではありません 熱意、プロフェッショナリズム、献身がこの分野で発展しましたが、オーデマピゲの歴史を研究することになると、数字は非常に興味深い強力な事実と証拠になりました。

カテゴリー: 日記 | 何千人ものマスターがいます。オーデマピゲには複雑な扉があります はコメントを受け付けていません。

Vacheron Constantinの限定版とは何ですか?

ヴァシュロン・コンスタンタンは、伝統的なスイス時計製造の「トロイカ」の1つです(他の2つのブランドは、パテックフィリップとオーデマピゲです)。 ヴァシュロン・コンスタンタンのように、Quedley、85180、88180、86020はすべてプレイヤーに馴染みのあるものです。 実際、これらの通常のシリーズの時計に加えて、ヴァシュロン・コンスタンタンは「屋根裏の職人」と呼ばれる非常にハイエンドなカスタマイズされたシリーズも持っています。 ロフト職人シリーズの時計は、テーラーメイドの大型で複雑な時計と特別なクラフト時計です。 これらの時計は、ヴァシュロン・コンスタンタンの最高レベルであり、めったに見られません。 だから今日見てみましょう、これらの最高級のヴァシュロン・コンスタンタンの時計が1つに制限されているもの。

カテゴリー: NEWS | Vacheron Constantinの限定版とは何ですか? はコメントを受け付けていません。

アテネ航海シリーズグランドファイアエナメルトゥールビヨンの簡単なレビュー

過去、「3つの複雑な機能」の1つであるトゥールビヨンを身に着けていたのは、強い金貨でいっぱいでした。テクノロジーが成熟するにつれて、ますます多くのブランドがトゥールビヨンを設計できるようになり、競争が激化します。この機能ウォッチの市場価格は下がり始めています。他の2つの複雑な機能と比較して、トゥールビヨンは少し非接触です。

国内のトゥールビヨンはカモメを例にとっており、閾値は高くなく、最大10,000元まで再生できますが、現在、タグ・ホイヤーは最も安価なトゥールビヨンを持っていると主張しています。比較後、スパンが大きくなったので、質問があります。トゥールビヨンはどの価格帯に位置すると思いますか?または、どれくらいのトゥールビヨンを購入しますか?

今日の主な内容は、価値の高いトゥールビヨンであるアテネセーリングシリーズのグレートファイアエナメルトゥールビヨンを紹介することです。実際、このトゥールビヨンは2017年にSIHHで発売されました。これは新しいものではありませんが、スイストゥールビヨンの中で比較的費用対効果の高いスタイルであり、タグ・ホイヤーよりも高価です。大きな火のエナメルプレート、自家製のトゥールビヨンムーブメント。

カテゴリー: NEWS | アテネ航海シリーズグランドファイアエナメルトゥールビヨンの簡単なレビュー はコメントを受け付けていません。

信州のスプリングドライブSBGA407アイスブルースノーフレーク

セイコーを知ることは、数百の盾から始まるかもしれませんが、卒業が本当に終わったと見なされる前に、グランドセイコーを購入するのに数百回かかります。

1938年、セイコーは東京の亀戸に2番目のセイコーハウスを設立しました。第2精工舎は、グランドセイコーの重要な生産室の1つである、機械と高周波時計の生産を主に担当したShizuku Advanced Timepiece Workshopでした。

1950年代の終わりに、セイコーは長野県S訪市に支店を設立しました。、訪精工社のセイコーエプソンの前身でした。S訪精工も以前は機械式GSを製造していましたが、クオーツストームの後、主に電子時計の製造を担当しました。 そこで、グランドセイコーのクォーツ時計とSD時計は、信州の職人の工房で生まれました。

カテゴリー: 日記 | 信州のスプリングドライブSBGA407アイスブルースノーフレーク はコメントを受け付けていません。

ロンジンの格好良い手頃なレプリカ時計

このロンジンクラシックレプリカウォッチの最大のハイライトは、文字盤が右に40度傾いていることです。 この設計では、ストーリーを伝える必要もあります。

1927年8月20日、チャールズ・オーガスタス・リンドバーグ(別名:アメリカの有名なパイロット、リン・バイ)は大西洋を横断し、33.5時間でニューヨークからパリまで飛んだ。 当時、ロンジンは公式タイマーとして使用されていました。

1935年、ロンジンは米軍用にA-7航空航法用時計を多数注文し、その後、この軍事パイロット用時計をベースにしたA-7航空航法用時計も製造しました。 サイズ)、および100のみに制限されています。

カテゴリー: NEWS | ロンジンの格好良い手頃なレプリカ時計 はコメントを受け付けていません。

宇宙からのコーラサークルロレックスの新しいグリニッジIIシリーズ

今年のバーゼルワールドウォッチ&ジュエリーショーで、ロレックスはこのユニークなmet石フェイス「ペプシサークル」を含む新しいグリニッジIIウォッチを発売しました。 met石の表面のデザインと象徴的なベゼルは、異なるスタイルを作成します。 グリニッジIIは、従来の時針、分針、秒針に加えて、独立した24時間針と24時間目盛り付きベゼルも備えています。 24時間針は、最初のタイムゾーンの基準時間(居住時間など)を示し、時間は外側のスケールで読み取ることができます。 旅行中、旅行者はダイヤル上の従来のインジケーターを使用して現地時間を知ることができます。

カテゴリー: NEWS | 宇宙からのコーラサークルロレックスの新しいグリニッジIIシリーズ はコメントを受け付けていません。

今年のロレックスデイトナは珍しい

ロレックスデイトナについて話すとき、モータースポーツ、ポールニューマン、パンダディスクについて考えます。 半世紀以上にわたり、デイトナはロレックスのシンボルになり、そのクラシックなデザインは人々の心に深く根付いています。 しかし、バーゼルワールド2019で、ブランドはオイスターパーペチュアルコスモグラフデイトナの18Kゴールドモデルを発表し、コレクションに異常に新しい外観を与えました。

ケースは直径40 mmの18Kイエローゴールド製です。 ミドルケースは18Kイエローゴールドの無垢材から鋳造されており、リューズにはトリプルロックトリプル防水システムが装備されており、タイミングボタンと同様にケースにしっかりとねじ込まれています。 リューズの肩はミドルケースに組み込まれており、リューズを保護しています。 ロレックスの時計メーカーは、ブランドの専用ツールを使用して、ケースを密閉するために細かい穴のある底部カバーを締め、最大100メートルの耐水性を保証し、最高の精度のムーブメントに最高の保護を与えます。

カテゴリー: 日記 | 今年のロレックスデイトナは珍しい はコメントを受け付けていません。